ベータカロテン20%オイル

  1. ベータカロテンとは
  2. 製造工程
  3. 製品仕様

ベータカロテンとは

ベータカロテンは植物に豊富に存在する赤橙色色素の1つです。両末端にβ環をもつ最も一般的なカロテノイドでビタミンAの前駆体です。テルペノイドの1つであり、水には溶解しませんが脂溶性は高くなります。

食品では、人参、ほうれん草などの緑黄色野菜に多くまれています。脂溶層の活性酸素を消去する抗酸化食品の1種です。

ベータカロテン20%オイル 01ドナリエラ(Dunaliella)は真核藻類である緑藻の1種です。代表種のドナリエラサリナはシオヒゲムシという和名で知られ、細胞は単細胞でやや細長い楕円形、先端に二本の等長鞭毛を持ちます。カロテノイドを大量に産生するのでドラリエラが大発生すると水面がオレンジがかったピンク色に染まります。

当社のベータカロテンは汽水(海水と淡水との混合によって生じた低塩分の海水)湖で人口養殖しており塩分濃度をうまくコントロールし、大豆油で希釈20%品にしております。

原料原産国:インド
ベータカロテン加工国:インド


製造工程

ベータカロテン(Dunaliella Salina)20%オイル


製品仕様

製品規格書
品目 企画 試験方法
外観 赤から赤褐色のオイル 目視
匂い、味 特有の匂い、味 官能検査
オイルの種類 大豆オイル
乾燥減量 ≦1.0% 5g/105℃/4時間
同定 ベータカロテンに対し陽性 分光光度計
分析
総カロテン(UV) ≧21.5% 分光光度計
HPLCエリア正常化による含有
ベータカロテン
(シストランス異性体)
20-21% HPLC
アルファカロテン、
ルテイン、ゼアキサンチン
0.5-1.5% HPLC
微生物
一般生菌数 ≦1000/g Ph. Eur 2.6.12
カビ、酵母 ≦100/g Ph. Eur 2.6.12
サルモネラ菌 陰性 Ph. Eur 2.6.13
大腸菌群 陰性 Ph. Eur 2.6.13
大腸菌 陰性 Ph. Eur 2.6.13
黄色ブドウ球菌 陰性 Ph. Eur 2.6.13
重金属
≦3ppm ICP-MS
ヒ素 ≦1ppm ICP-MS
カドミウム ≦0.5ppm ICP-MS
水銀 ≦0.1ppm ICP-MS
GMO Non-GMO
放射線照射 放射線非照射
残留溶媒
酢酸エチル ≦200ppm GC-MS Head Space/SGS
アセトン ≦50ppm GC-MS Head Space/SGS
ヘキサン ≦50ppm GC-MS Head Space/SGS
賞味期限:密封状態で3年
保管方法:光や熱を避け、密封状態で冷暗所にて保管。開封後はなるべく早めに使用するか窒素充填する
追加製品データ
天然トコフェロール 0.30% HPLC