唾液連鎖球菌FD粉末(BLIS K12)

  1. BLIS K12とは
  2. 臨床的エビデンス
  3. BLIS K12の特長
  4. 摂取量目安
  5. 製品仕様
  6. 規格基準
  7. BLIS K12、開発者ジョンタグ博士が語る開発秘話

BLIS K12とは

BLIS K12(唾液連鎖球菌フリーズドライ粉末)は、ニュージーランドのブリステクノロジー社の登録商標です。
BLISはBacteriocin(バクテリオシン)-like(のような)Inhibitory(抑制)Substances(物質)の頭文字で、BLIS K12は口腔内の唾液から取り出した、世界初のバクテリア抑制プロバイオティックです。唾液連鎖球菌は、人間の口腔内で数多く存在する乳酸菌の一種で、安全なものとして長い歴史があります。

 


臨床的エビデンス

BLIS K12製品を14日間服用した結果、その後のVSCレベルが許容できるレベルまで下がったことが研究で示されています。

BLIS K12での治療で、個人の口臭の成分が人間の味覚による許容範囲を下回る

図:ストレプトコッカス・サリバリウスBLIS K12を投与して2週間後の揮発性硫黄化合物測定総量(VSC)の低減(ppm)

 

 

 


BLIS K12の特長

BLIS K12の安全性

BLIS K12は数年間追跡調査をし、咽喉炎を起こさなかった健康な子供から取ったものです。BLIS K12株は広範囲にわたり安全性のテストを受け、6年以上市販されています。唾液連鎖球菌は健康な口腔内での主要な細菌であり、母乳の中にも含まれ、アメリカではバイオセイフティ・レベル1(最も安全)の細菌としてリストに上がっています。

BLIS K12の用途

BLIS K12は科学的根拠のある栄養補助素材で、上記道の健康と免疫サポートに関連したさまざまな製品に応用されています。トローチ、粉末、チューインガムのようなさまざまなフォーマットを含めた機能性食品の素材として安定しています。

効果・作用

BLIS K12はSalivarisinAとSalivarisinBという2種類の抗菌剤を産出し、ある病気の原因となる有害なバクテリアの増大に対し、コントロールを助けるバクテリア物質として作用します。この有益なバクテリアを摂取する事によって、免疫機能を高め、歯周病菌抑制・咽喉炎・口臭・耳感染などをもたらすこのましくないバクテリアから保護することができます。

 


摂取量目安

通常、1日当たりの目安量は25mg


製品仕様

BLIS K12の特許

①Lantibiotics:ペプチド抗生物質 K12が産生する「天然ペプチド抗生物質(Lantibiotics)」の発見と、その殺菌 性を用いた咽喉の連鎖球菌性感染の治療または予防。
◆日本特許:第3673497 ◆米国特許:6,773,912 ◆国際特許:WO 01/27143A1
②口臭抑制 K12が産生するBLIS(抗菌タンパク質)は、歯周病や口臭の原因となる悪玉菌 を阻害し、口臭の改善と歯周病の進行阻止と予防が可能である。
◆米国特許:12/567185

製造工程

1.トレハロース二水和物、ラクチトール、マルトデキストリン、脱塩水にてリオプロテクタント※1の準備
2.UHT前置フィルター(250μ)
3.UHT殺菌
4.下記8.で細胞塊と混合

※1リオプロテクタントとは糖などの凍結乾燥保護剤のことです。

1.脱塩水・脱脂粉乳、酵母エキス・グルコースTween 80・Neutraseにて培地の準備
2. UHT前置フィルター(250μ)
3. UHT殺菌
4. 培養
5. 発酵
6. 収穫
7. インラインフィルター(125μ)
8. 細胞塊とリオプロテクタント※1の混合
9. インラインフィルター(125μ)
10. フリーズドライ
11.粉砕(500μで90%以上)
12. 最終品質検査


規格基準

概 要
外観 自由流動のオフホワイトの粉末
たんぱく性の味
水分活性(aw) 0.25以下
粒径 d90<500μm
有効成分規格値
唾液連鎖球菌 1×1011(1千億)cfu/g以上
微生物規格
一般生菌類 2,000cfu/g以下
酵母菌 10cfu/g以下
カビ 10cfu/g以下
サルモネラ菌 陰性/25g
大腸菌群 陰性/g
大腸菌 陰性/g
黄色ブドウ球菌 陰性/g
中温好気胞子 200cfu/g以下
重金属
ヒ素 1ppm以下
0.5ppm以下
水銀 0.15ppm以下
カドミウム 0.2ppm以下
その他
アレルギー誘発物質 Tepnel Biokit Rapid 3-D(TM)
カゼイン・グルテンテストにより乳製品とグルテンがフリー、人工フレーバーや着色料、GMOフリー
包装単位 1kg/アルミ袋(真空)
保存方法 直射日光を避け、冷蔵庫(2~8℃)にて保管。
賞味期限(製造後) 上記保管にて最低36ヶ月品質安定

 

次世代口腔衛生素材、BLIS K12を開発したジョンタグ博士にBLIS K12の開発秘話について語っていただきました。

ニュージーランドのBLIS Technology社のブリスK12とブリスM18の日本の輸入代理店として当社は2009年より輸入販売させていただいております。

口臭、歯周病、虫歯という私たちが生活を送る上で重要なQOLを向上させる次世代の口腔衛生素材として多くのお客様からお引きあいをいただいておりますが今回、ブリスを開発したジョンタグ博士にブリスK12を開発するまでの経緯についてインタビューいただきました。

とても興味深い内容となっておりますので是非、ご覧下さい。

 

ジョンタグ教授(学士、修士、博士号)

ジョンタグ教授はBLIS社の創設者であり科学者です。会社の科学相談役として、戦略的研究の方向性において重要な役割を担っています。ジョンは科学の熟練したコミュニケーターです。

タグ医師はオタゴ大学微生物学の名誉教授です。彼は連鎖球菌とバクテリオシン研究の分野において世界的に認められた専門家です。彼は微生物学において30年以上の経歴があり、BLIS産生細菌に特に興味を持っています。

連鎖球菌感染を抑制する答えを見つけるためのタグ教授の個人的な情熱は、10代で化膿連鎖球菌感染を患ったという自身の経験によって引き起こされました。この病気はリウマチ熱をもたらし、10代の間中毎日ペニシリン療法が必要でした。

彼は連鎖球菌とバクテリオシン研究分野の国内外の会議で議長を務め、彼のグループの研究成果を発表するために定期的に招待されています。25年以上の彼の高く持続した研究の生産性は論文審査のある専門誌において115以上の出版物やレビューに反映されています。

タグ教授は健康研究評議会(HRC)生医学評価委員会の正会員であり、微生物学の専門誌、特に彼自身が編集委員でもある「応用環境微生物学(AEM)」への投稿に頻繁に論評しています。タグ教授はニュージーランド微生物学界の委員であり、会計係、副社長、社長でもあります。